Woman

今注目のがんワクチン療法

Man

司令塔に指示を与える

樹状細胞療法とは、免疫細胞として分類される樹状細胞の働きを利用したがんの治療法です。もともと免疫細胞にはいくつもの種類があり、それぞれが役割を持っています。つまり、体内に侵入してきた細菌やウイルスに対して攻撃を仕掛ける免疫細胞たちは、綿密に連携しあってその役目をはたしています。そのなかでも、樹状細胞は司令塔のような役割を請け負っていますが、樹状細胞療法とは、この樹状細胞に人工的に作成したがんの特徴をもつ物質を与えることで、リンパ球などの免疫細胞に意図的にがん細胞を攻撃するように仕向ける治療法です。以前はがんの目印を樹状細胞に与えるのは容易ではありませんでしたが、人工がん抗体の生成技術の向上によって、樹状細胞療法が現実味を帯びてきています。

がんに厳しく患者に優しい

樹状細胞療法は、あくまで患者の体内にある免疫機能をもちいた治療であり、またワクチンについてももともとは患者の体内から取り出した細胞を利用して作られるため、これまでの治療法と比べて、患者への負担が軽減され、副作用もほとんど気にする必要がない、という特徴があります。また、患者のがんの種類や治療の経過、容態に合わせて治療計画が立てられ、樹状細胞に覚えこませる人工がん抗体についても、治療対象となるがんに合わせる作られるため、オーダーメイドに近い治療法となります。ワクチンの投与なので、手術の必要もなく、通院するような感覚でがん治療を行なうことができるとされており、また転移したがん細胞にも有効など、まさに画期的な治療法として注目されています。